2009/08/04

Apple vs Google

AppleのリリースによるとGoogleのCEOであるDr. Eric SchmidtがAppleの取締役をやめるそうです。

AndoroidやChromeOSなど、Appleの事業と競合する事業の立ち上げなどが原因のようですね。
まぁ、仕方ないのかな。
今後はAppleとGoogleがライバルになるのか、それとも協力する所は協力するのかはワカリマセンが、先日のGoogle Voiceの件もコレに絡んでいるのかも知れませんね。

でもGoogleって最近、昔と違ってビジネス丸出しの感を感じるのは私だけでしょうか?
立ち上げ当初のメンバーもほとんどいないと言われていますしねぇ。
まぁ、企業である限り利益の追求は当然なわけですが・・・。

5 コメント:

Hiromu さんのコメント...

違います。Googleの社長がAppleの取り締まり役を兼任する事が米国公正取引法違反ではないかとFCCの調査が始まったから
です。両者で共謀して市場の独占を計っているのではないかと観られたわけです。

tt-bear さんのコメント...

Hiromuさん。
えっと、FCCの調査が始まったのは辞任の発表があった翌日ですよ。
というか辞任を受けて調査を開始したということの様ですが。
「両者で共謀して市場の独占を計っている」
というのはどういう意味でしょうか?
そんな事は書いてないのですが・・・。(--A

Hiromu さんのコメント...

http://www.reuters.com/article/topNews/idUSWBT01152520090803?feedType=RSS&feedName=topNews

このロイターニュースを読まれれば
FTC,済みません前回はFCCと書き違え
ました)は以前から調査をしていたが
今回の辞任で調査を打ち切る訳ではない
と書かれています。この辺は私も現役
時代シリコンバレーの会社に長らくいましたからよく知っています。

tt-bear さんのコメント...

なるほど、そういういきさつがあるんですね。勉強不足です。

ただ、ロイターの記事だから信用出来るとは言いがたいですが。(--A

tt-bear さんのコメント...

あっ、これ以上議論はしません。
GIZやEngadetにも同じ様なエントリーがありましたので、ご意見はそちらへどうぞ。(^^)